良い物は良い

靴磨き好きの皆様こんにちは。

オーナーの杉村です。

12月もあと僅かとなりました。冷え込みも本番というところなのでしょうか、身震いする寒さですね。2019年もすぐそこです。

去年の今頃は開店準備の書類やら銀行の往復やらで、ハラハラドキドキしていた事を思い出します。

さて、話を靴に戻して・・・。

皆さんはコードバンと聞くと“オールデン”が浮かんでくるのではないでしょうか?

そのオールデンは元は矯正靴のメーカーとしてスタートし、木型も日本人に合うものがいくつか存在します。また、素材選びも前述のコードバンを始め、カーフ、スエード共に良質です。

当店のお客様で、A様というオールデン好きのお客様がいらっしゃいます。

モディファイドと呼ばれる木型がとても相性が良い様で、足が痛くならないから快適だ!との事でした。

土踏まず部分のえぐれ具合が特徴で、ウィズも広くトゥーは比べてラウンド型です。その為つま先に窮屈さがなく、土踏まずをしっかり支えてくれるので履き心地が良いのでしょう。

土踏まずのアーチの崩れは疲れや不健康に繋がるとも言われており、今後の靴選びの参考にされると良いと思います。

そのラストで代表的なモデルが1つあり、写真でご紹介致します。

カーフとコードバン両方の写真になります。2点共A様の靴です。

先日ラコタハウスにお出かけの際に、スタッフの方がA様の着用するカーフをコードバンと見間違えたそうです。

磨き屋としてはとても嬉しい事件でした。実際に磨いた際はとてもしなやかなでハリも強く、キメもとても細やかでした。大した量のワックスを使わずに、豊かな艶が出せたと思います。

実際、靴を磨くと革の品質で綺麗に磨けるかどうかは分かれてしまいます。しかし、私達はそこを技術でカバーするので、どの靴も同じように仕上げる事ができます。ただ、ポテンシャルはポテンシャルです・・・。

コードバンを見慣れているスタッフの方が間違えるくらいですから、オールデンのカーフもコードバンに劣らない革質が素晴らしいという事です。A様のオールデンに限らず、他のお客様のオールデンも同様です。

コードバンは間違いなく、オールデン製品とは切っても切れない関係です。革のダイヤモンドと呼ばれるコードバンはとてもタフで、実に男らしい素材でしょう。

ただ、そんな影には素晴らしいカーフ製品がある事もお忘れにならない様に。

それでは。

Y’s Shoeshine 杉村

特集記事