SINCE 2018

  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックFacebookのアイコン

補修

10/19/2017

靴磨き好きの皆様こんにちは。

オーナーの杉村です。

 

去る10月15日はトークショーがあり、とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。

ここへ内容を書くとただの自慢なので、過去の Instagramなどをご覧下さい。私が如何に鼻の下を伸ばして楽しんでいたかをご理解頂けると思います。笑

 

さて、話を戻してタイトルの補修について。

『擦れ、色抜け、銀浮き、えぐれ、亀裂』などの様々なダメージ。

その中で今回は『亀裂』についてです。

 

まずこちらが処置前の写真です。↓

左足の外側に大きな亀裂があります。

履きジワから乾燥が進みこの様になってしまったのでしょう。

 

これを私の直し方で処置を進めるとこの様になります。↓

亀裂が繋がりましたが、補修した感があからさまです。

そこで更に手間をかけていくと・・・↓

大分落ち着きました。

ここまで来たら磨きを掛けて仕上げです。

 

私の補修はポイントが3点あります。

それは写真の①、②の部分↓

シワの部分が黒ずんみエイジングが進んでいます。

実はこの右足、③の部分も亀裂がありました。しかし①、②の様子を目指す事で、繋げた亀裂をエイジングの様に補修する事が可能なのです。

 

磨き終わったら Instagram へ載せておきますので是非ご覧になって下さい^^

 

いかがでしょうか?

方法は秘密ですが、現場監督だった頃に学んだ建設の知識を応用しています。

賛否両論があると思いますが、現時点で私の可能で最良な方法です。

 

もしこの方法が正しくないと仮定します・・・

そうなると亀裂を直したい場合、靴磨き業界でも処置が可能なのは2人しか知りません。

お世話になっている方々なので、もし話をした時に怒られないか心配です^^;笑

 

冗談はさておき、亀裂はとても厄介な症状です。

シューツリーを必ず入れてシワを伸ばし、定期的なケアは必ず行なっていきましょう。

 

もしお困り事が発生した際はご一報下さい。もちろんケア用品のご相談も是非私まで^^

 

それでは。

 

Y’s Shoeshine 杉村

 

Please reload

特集記事

Rutherfords Music Bagとは

8/26/2019

1/6
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic